ニキビ用の塗り薬と化粧水の違い

ニキビ用の塗り薬と化粧水の違い

ニキビのセルフケアにあたって悩ましいのが、薬を使うべきか...それとも化粧水を使うべきか、ではないかと思います。
できることなら代金を無駄にしたくないし、それ以上に素早くニキビを治したい!だから効果のある人で接待望む...。
では、そもそもニキビ用の塗り薬と化粧水はどうして違うのでしょうか?

 

 

ニキビ用の塗り薬の真骨頂

 

ニキビ用の薬は主にビューティー素肌科などで処方されるものですが、中には薬局や超絶などで購入できる一品もあります。
もちろん、病棟で処方されるもののほうがニキビケアの働きとしては良いだ。

 

ニキビ用の薬は飲み込む類つける類がありますが、患部に直接塗布する類の方が効能が激しく、またこういう類の薬の方が圧倒的にタイプは多いだ。
このように色々な種類の残るニキビ用の塗り薬ところが、これら一切には次のような共通した傾向があります。

 

・アクネ菌を滅菌する効果がある
・抗菌作用がある
・ニキビケア効果が出るのが速い
・副作用がある

 

 

ニキビ用化粧水の真骨頂

 

塗り薬に関して、ニキビ用化粧水は以下の真骨頂があります。

 

・ニキビプロテクト
ホルモンバランスを整え、正常なターンオーバーにすることができます。
肌の不衛生や皮脂を除くだけでなく、固着しづらいような肌にすることができます。

 

・ニキビ跡を無くす加療
肌の炎症を防ぐことができます。
ビタミンC成分にて肌出来が向上され、ターンオーバーを正常にすることができます。

 

各種化粧アイテムを通じて細い効果は変わりますが、化粧水によるニキビケアには以上のようなことを期待することができます。
ニキビができることは当然、ニキビの低下やニキビ跡ができるのを防ぐこともできるので、化粧水によるスキンケアはとても有効です。

 

 

 

では、比較するとどうでしょう?

 

ニキビ用化粧水は、「ニキビ・ニキビ跡の加療」、「ニキビ・ニキビ跡のプロテクト」、「アンチエイジング」、「肌の生まれ変わりの復元に導く働き」があるのに対し、ニキビ用の塗り薬ニキビ・ニキビ跡の凄い加療、ニキビ・ニキビ跡のプロテクト、アクネ菌の滅菌・抗菌する効果があります。

 

また、副作用ニキビ用化粧水には薄いのに対し、ニキビ用の塗り薬は肌のかゆみ、違和感、肌のつっぱり等があるとされています。(※個人差によります)

 

ニキビ用の塗り薬は一時的な加療になりやすく、病棟での処方でしか買い付けが不可能のに対し、ニキビ用化粧水は毎日の洗顔のちなどに組み入れることが行え、それほど手に入り易いのが真骨頂でもあります。

 

このようにニキビ用の塗り薬とニキビ用化粧水は、とも同じくニキビの加療・プロテクトに凄まじく期待することはできますが、実際にはみなさん異なる真骨頂があるのです